MENU

 中学ぐらいになってくると、やっぱり異性にはかなり興味を持つようになっていました。
イケメンとか人気者だと、彼女とが簡単に作ってデートを楽しんでいたり、キスをしただの体に触っただの、そんな話ばっかりしていたんです。
それを聞くたびに何だかイライラしちゃって、何と言っても俺はブサメンだし人気もない、だから恋人を作るなんて事はできませんでした。
小学校や中学校って、普通に女がいっぱいいる世界なのに、仲良くしてくれる相手は1人もいなかったんですからね。
これが本当に辛い状態だって感じがしました。
俺も女と付き合ってみたいって気持ちを強かったし、だけど裏腹にモテることは全くなく、寂しい学校生活を続けていたって感じです。
高校に進学する時男子校を選んでしまったのですが、これも大きな間違いだったって思います。
何と言っても男しかいない世界ですから、そこはただの地獄絵図といった感じかもしれません。
通学の時とか帰宅の時、共学のやつらが楽しそうに遊びに出かけているのを見ると、イライラ感も壮烈なものになってしまいます。
仲良さそうに手を繋いで歩いている高校生カップルとか見ると、苛立ちもさらに強いものになってしまいました。
男子校を選んだのが大きな間違いだった、しかし仮に共学にいっていても、ブサメンだからやっぱりモテることはないだろうなという諦めもありました。
とにかく周囲には男しかいない世界、高校を卒業すれば変わるだろうという淡い期待があったのです。
しかし、まさに淡い期待でした。
俺が就職した先は消防士、ここは百%男だらけの世界であり、さらなる地獄絵図が繰り広げられるといった形になっていきました。
消防士になり、年齢も21歳になっても一度も恋人を作ったことがなく、未だにセックス未経験なのです。

 

定番サイト登録無料
童貞卒業サイトBEST5
童貞好きの痴女が集結するサイト